小川彩佳アナと嵐の櫻井翔くんの熱愛報道が出ましたね~。

櫻井くんファンからしたら絶叫ものですが、
一部のファンからは『相手の経歴がスゴすぎてぐぅの音も出ない』
という声も出ています(笑)

今回は、小川彩佳アナの経歴や実家について調べてみました!

スポンサーリンク

小川彩佳のプロフィール

 

名前   : 小川 彩佳(おがわ あやか)

生年月日 : 1985年2月20日

年齢   : 32歳(2017年2月25日現在)

出身地  : 東京都

身長   : 168cm

血液型  : A型

趣味   : 映画鑑賞、音楽鑑賞

特技   : 日本舞踊

資格   : TOEIC 915点、スペイン語検定4級

性格   : 明るく正直、大雑把でマイペース、よく笑う、よく喋る、よく食べる

 

プロフィールから育ちの良さが滲み出してますよね。

特技が日本舞踊って何!?

普通に生きてたら、そんな伝統芸能になんて出会わないって!

 

TOEIC 915点もすごいですね!

TOEICは満点が990点で、
大卒のネイティヴスピーカーに受けさせてもだいたい930点~960点といわれています。

まあ、後でご紹介する経歴を見れば納得の点数ではありますが^^;

 

あの美貌ですから、性格はおっとりしているのかな~と思いきや、
明るく正直な方のようですね。

大雑把というのがどの程度かが気になるところですが、
個人的には櫻井くんにピッタリの性格だと思います!

そんなこと言うと、『櫻井くんの何を知ってるんだよ!?』
ツッコミが入りそうですが(笑)

すみません、テレビで見る表面上の櫻井くんしか知りません!

小川彩佳の経歴

 

東京都で生まれた小川彩佳さんは、
6歳~8歳までの間をアメリカ合衆国ミシガン州で過ごしたそうです。

一番遊び盛りのときに異国の地で過ごしたというのは辛かったでしょうね。

帰国してからは青山学院初等部に通ったとのことなので、
転校生としてやってきたということですね。

『アメリカのミシガン州から転校してきました』とか
めっちゃカッコいいじゃないですか!!

一度でいいから言ってみたい(笑)

ただ、青学だとそんな人がゴロゴロしてそうってのが恐ろしい所ですよね。

 

小川彩佳さんは、その後、青山学院中等部青山学院高等部を経て、
青山学院大学国際政治経済学部国際政治学科に入学しました。

学歴が青学一色でお金持ち感がハンパないです!

 

大学在学中にはスペインに短期留学したこともあるそうです。

だからスペイン語検定なんて持っていたんですね~。

といっても、スペイン語4級は合格率70%の基本的な問題が多いとのことなので、
そんなガッツリは勉強してなさそうです。

ちなみに私は『アディオス』と『ティキ・タカ』しか知りません。

 

大学2年生のときには、学科の成績最優秀者に贈られる学業奨励賞を受賞しています。

つまり、学科内で最も成績が良かったということです。

偏差値70前後の学生が集まる中で成績トップですから、
よほど優秀だったんでしょうね!

 

大学卒業後、2007年にテレビ朝日に入社しました。

同年7月に『速報!甲子園への道』でアナウンサーとしてデビューしました。

当時は高校野球のスタンドレポートを主に担当していたようです。

 

そして2011年4月から、『報道ステーション』のサブキャスターの座を
市川寛子アナから引き継ぎ、3代目サブキャスターとして活躍しています。

 

スポンサーリンク

小川彩佳の実家がスゴい!父親は医者!?

 

小川彩佳アナのプロフィールや経歴を見れば実家のヤバさが伝わってきます。

かなりのお金持ちであることが見て取れますが、
いったいお父さんは何をされている人なんでしょうか?

調べてみたところ、
小川彩佳さんの父親の職業は、

慶應義塾大学病院 耳鼻咽喉科の教授・診療部長だそうです!

つまり、慶應義塾大学病院 耳鼻咽喉科のトップです。

慶應義塾大学病院のHPに顔写真も載っていたので、
気になる方はご覧ください♪

慶應義塾大学病院HP(耳鼻咽喉科)

 

 

私立大学病院の給与は他所と比べて給与があまり高くないとは言われますが、
病院でもらう給与の他に、“非常勤医師“として外部病院で稼ぐこともできます。

さらに、小川医師はテレビ出演や本の出版もされているので、
トータルすると年収3,000万円くらいは稼いでいるのではないでしょうか。

まとめ

小川彩佳アナの経歴や実家のスゴさというのをまざまざと見せつけられました。

とんでもない高スペックお嬢様でしたね!

こりゃぐぅの音もでませんわ。

逆に櫻井くんが愛想を尽かされないか心配になりましたが、
彼も彼で国民的スターですからね!

こりゃビッグカップルと言っても過言ではないでしょう!

ではでは
See you !

スポンサーリンク