昨日放送のあったモニタリングに羽田圭介さんが出演されていました!

羽田圭介さんといえば、『又吉じゃない方の芥川賞受賞者』として
一躍有名になった小説家ですね。

昨日のモニタリングでは、
『森脇健児さんに小説家の話を持ちかけたら本当にデビューするのか?』
という内容のドッキリに仕掛け人として出演されていたんですが、
めっちゃ演技が上手で森脇健児さんもコロコロと手のひらの上で転がされていました(笑)

 

この放送を観ていた人の感想を聞くと、
みんなそろって『痩せてイケメンになったよね!』と言います。

正直、私は今まで羽田圭介さんの顔を知らなかったので、
普通に、『面白くてかっこいい人だな』としか思っていなかったのですが、
昔はもっとふくよかな感じだったんでしょうか?

気になる彼女の噂と合わせて調べてみました!

スポンサーリンク

羽田圭介のプロフィールと経歴

名前   : 羽田 圭介(はだ けいすけ)

生年月日 : 1985年10月19日

年齢   : 31歳(2017年2月現在)

出生地  : 東京都

出身地  : 埼玉県北葛飾郡松伏町

出身高校 : 明治大学付属明治高等学校

出身大学 : 明治大学 商学部

職業   : 小説家

 

学生時代の将来の夢は、自転車の実業団選手になることで、
高校時代は毎日放課後に40kmを自転車で走りトレーニングしていたそうです。

どうやら、昔から小説家になろうとは思っていなかったようですね。

しかし、高校在学中の2003年、『黒冷水』という、
兄と弟が憎み合い、家庭内ストーキングを繰り返す様を描いた小説で
第40回文藝賞を受賞します。

17歳での文藝賞受賞は、堀田あけみさん、錦矢りささんに続く3人目で、
当時の文藝賞最年少受賞記録だったようです。

趣味で書いた小説が受賞しちゃったという感じなんですかね?

 

明治大学在学中にも小説を書いています。

2006年には『不思議の国のペニス』を文藝に発表、
2008年には『走ル』を同じく文藝に発表しています。

『走ル』は芥川賞候補作にもなったようです。

タイトル的には2006年に書いた小説の方が面白そうですけどね(笑)

 

このように数年にわたって小説を書いてきた羽田圭介さんですが、
まだ小説家として食べていく自身がなかったのでしょうか。

大学卒業後は一般企業に就職しました。

…が、就職してから1年と半年で退職し、専業作家となったそうです。

やはり潜在的には小説家としてやっていきたいという気持ちがあったんですね!

2010年の『ミート・ザ・ビート』で第142回芥川賞候補、

2012年の『ワタクシハ』で第33回野間文芸新人賞候補、

2013年の『盗まれた顔』で第16回大藪春彦賞候補、

2014年の『メタモルフォシス』で第151回芥川賞候補、第36回野間文芸新人賞候補となり、

2015年の『スクラップ・アンド・ビルド』で、
ついに第153回芥川賞を受賞しました!

お笑い芸人ピース・又吉直樹の『火花』との同時受賞ということもあって話題になり、
芥川賞受賞後はテレビ番組など、マス・メディアへの主演が激増しました。

随分と若い受賞だなと思いましたが、
それでも長い年月を掛けて小説を書いてきているんですね。

そう思うと又吉さんの凄みを感じますね。

話題性も多少は考慮されていたのかもわかりませんが、
本気で小説を生業としている人たちと競って
そこらの芸能人が芥川賞を受賞できるわけありませんもんね。

陰で並々ならぬ努力をしていたんでしょう!

羽田圭介は痩せてイケメンになった!?

『羽田圭介が痩せてイケメンになった』という声が多いようなので、
気になった痩せたと言われる前と現在の画像を調べて比較してみました!

言わなくてもわかるとは思いますが、
左が痩せたと言われる前の画像、右が痩せたと言われた後の画像です。

 

たしかに、見た目の印象がかなり変わっていますね!

痩せる前もそこまで太いわけではありませんが、

痩せる以前は『こってり』という言葉が似合うのに対して、
痩せた後の画像は『あっさり系イケメン』という言葉が似合います。

 

これは完全に痩せてイケメン化していますね!!

昨日の放送ではもう少し髪の毛が長かったですが、
私はこの画像のショートカットの方がカッコいいと思います!

スポンサーリンク

羽田圭介の彼女は橋本ありす!?

一部では、羽田圭介さんの彼女は橋本ありすなのではないか?
という噂も聞こえてきましたが、そういった情報は一切見当たりませんでした。

同じ明治大学に通っていて顔なじみだからとか
そういった理由で噂が出たのかもしれませんね。

 

現在、羽田圭介さんに特定の彼女がいるという情報はありません!

好みのタイプは背の高い女性のようです。

といっても身長160cmくらいでもちょうどいいと言ってるようなので、
そこまでシビアに背が高くないといけないわけではなさそうですよ!

まとめ

芥川賞を受賞した小説家、羽田圭介さんについてご紹介しました!

たしかに痩せてイケメンになっていました!

彼女がいるという情報は現在ないので、
羽田圭介さんのために人生を捧げたいという女性は今がチャンスかもしれませんよ!

イケメンだし面白いし、
こんな良い男なかなかいませんよ!

というのが、昨日のモニタリングを観た私は思いましたとさ(^^)

ではでは
See you !

スポンサーリンク