本日、2月18日放送のSWITCHインタビューに、歌舞伎俳優の中村獅童さんと
ファッションデザイナーの三原康裕さんが出演します。

今回の放送では、業種の壁を超えて、伝統の中で改革を起こす意味や仕事術などについて
語り合うという内容とのことでした。

普段、伝統芸能などとはかけ離れた生活を送っている私にとっては、何を言っているのか
理解できないことも多々あるとは思いますが、そんな異次元の会話から新しい景色が
見えるのではないかと思い、楽しみにしています♪

また、お互いの仕事場を訪問し合うとのことで、どんな環境で仕事をしているのかを
単純に見てみたいですよね。

デザイナーのアトリエとか絶対オシャレですよね!

 

ただ、三原康裕さんについては正直どんな方なのかをあまり知りません。

というわけで、SWITCHインタビューを視聴する前の復習として、三原康裕さんについていろいろと調べてみました!

スポンサーリンク

三原康裕のプロフィールと経歴

名前   : 三原 康裕(みはら やすひろ)

生年月日 : 1972年6月15日

年齢   : 44歳(2017年2月現在)

出身地  : 長崎県

出身大学 : 多摩美術大学デザイン学科テキスタイル学部

職業   : ファッションデザイナー

所属   : MIHARAYASUHIRO/社長

 

三原康裕さんは、画家の母とにわとり研究家の父との間に生まれました。

にわとり研究家ってなかなか聞きなれない職業ですが、要は農学部系の研究ってことですよね。

『にわとり』ってひらがなで書くとなんだか可愛く見えます☆

 

1993年に多摩美術大学に入学し、なんと1994年には独学で靴をつくり始めると、

1996年には現役大学生にもかかわらず、オリジナルブランド『archi doom』
立ち上げてしまいます。

この辺の発想力と行動力は常人離れしていますよね。

 

1997年に多摩美術大学を卒業した後、ブランド名を『archi doom』から現在の『MIHARAYASUHIRO』に変更します。

 

1998年、初の直営店『SOSU MIHARAYASUHIRO』を東京の青山にオープンすると、
翌年1999年には有限会社『SOSU』を設立します。

社名は、規則性を持たず永遠に続くという意味で『素数』が由来となっているそうです。

その後、福岡の大名や大阪の南堀江にも直営店を出店しました。

 

会社を設立したその年には、世界四大コレクションの次席に位置づけられている、
世界的なコレクションのひとつ、東京コレクションで自らの作品を発表しています。

 

2001年には『PUMA BY MIHARAYASUHIRO』のコラボスニーカーを
全世界で同時発売し、デザイナーとしてプーマと契約を果たします。

その後、徐々に活躍の場を海外にまで広げていき、2004年にはミラノコレクションから、2007年にはパリコレクションから作品を発表しています。

世界四大コレクションとよばれるミラコレやパリコレにまで出品してしまうなんて、
もはや世界を代表するデザイナーの一人といっても過言ではありません。

 

このように、普段私たちの目には留まらないけど、
世界を股にかけて活躍している人ってたくさんいるんでしょうね。

こういう方の活躍を知るたびに日本人としての誇りが感じられて嬉しいです♪

私が無知なだけでご存知の方もたくさんいるんでしょうけどね(笑)

スポンサーリンク

三原康裕の年収は?

 

世界を股にかける男、三原康裕さんの年収はいったいいくらなんでしょうか?

普段デザイナーさんの給料とかは意識したことがないのですが、三原康裕さんくらいの
世界的なデザイナーとなると年収数千万は堅いでしょうね。

 

実際に調べてみたところ、三原康裕さんの年収は明かされていなかったので、有名デザイナーさんがだいたいどのくらい稼いでいるのかを調査しました!

有名デザイナーになれば数千万円~数億円

ファッションデザイナーの場合、最高峰は企業勤めではなく、フリーで活躍する有名デザイナーとなります。

有名デザイナーともなれば企業と年単位で契約し、ディレクターとしてのブランドの方向性を決めます。年間の報酬額は数千万円から数億円。

多くのデザイナーにとって、まさに雲の上の存在であり、ほんの一握りのスターと言えます。

引用元:http://nensyu-labo.com/syokugyou_designer.htm

三原康裕さんは一応企業勤めではありますが、自分の名前を冠していますし
フリーみたいなものですよね。

世界的なブランドであるPUMAとも契約していましたし、
上で言う『ほんの一握りのスター』の中の一人であることは間違いないでしょう。

したがって、年収は少なくとも数千万円で、恐らく数億円クラスであると推測されます!

結婚相手や自宅について

三原康裕さんは、2007年9月に上原ひろみさんと結婚されています。

上原ひろみさんは、アメリカを拠点として活躍しているジャズピアニストで、
今までに40ヶ国以上でコンサートを行い、毎年150ステージ以上をこなしているそうです。

毎年150ステージって冷静に考えたらすごいペースですね!

2~3日に1回は公演しているってこと?

信じられない(笑)

三原康裕さんはパリコレで様々なアーティストとコラボレーションしているのですが、
2011年には上原ひろみさんともコラボレーションしています。

夫婦そろって世界最高峰の舞台で活躍できるなんて、まるで夢のようなお話ですね!

夫婦そろってものすごい金額を稼いでらっしゃると思うのですが、
自宅はどんなところに住んでいるのでしょうか?

調べてみたところ、衝撃の事実が判明しました。

なんと、三原家では室内でスケボーができるそうです。

ちょっとなに言ってるかわからないですね(笑)

想像の斜め上を行っていました。

あとは自宅の一部の画像を見た感想になるのですが、全体的に落ち着いた雰囲気でありながら
絵画のような美しさが感じられます。

さすがはアーティスト夫婦の自宅って感じですね。

一週間でいいからこんな家に住んでみたいです(笑)

まとめ

三原康裕さんは想像の何十倍もすごい人でした。

事前に色んな情報をしれたことで、今日のSWITCHインタビューが
ますます楽しみになりました♪

今日の放送ではアトリエを紹介してくれるみたいですが、
もうちょっと自宅を見てみたいな~なんて。

そういえばお子さんはいないのかな?

この夫婦の間に生まれた子どもとか将来が楽しみで仕方がないのですが。

できれば日本の将来のために10人くらいのサラブレッドをつくっていただきたい…

お子さんがいるのかどうか、つくる気があるのかどうかはわかりませんが、
今後のおめでたい知らせを今か今かと待ち続けようと思います!

ではでは
See you !

スポンサーリンク