『マルモのおきて』で一躍“ときのひと”となった

芦田愛菜ちゃん

最近みないな~と思ってたら、

中学受験のために学業に集中していたようですね。

なんでも、休日には1日12時間以上も勉強していたとか。

そのかいあって、

偏差値70を超える名門私立中学に合格したとのことです!

おめでとうございます!

子役としても天才的な演技をみせていた芦田愛菜ちゃんでしたが、

勉学の方でもその才能を見せつけてくれました。

『頭が良い』とか『天才』というよりも、

目標を叶えるための意思・覚悟がすごいな~と、

素直に尊敬してしまいます。

私が小学生の頃なんて、ドッヂボールをしたくてたまらないし、

ゲームも常にやっていたいしで、

とにかく遊びたい盛りでした。

そういった、一時の欲を捨てて長いスパンでの目標

に向かって努力できる姿勢はカッコいいですね。

 

ところで、芦田愛菜ちゃんが中学受験をした名門私立とは

どこなのでしょうか?

ニュース記事では触れられていなかったので、

手元にある情報を頼りに調べてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

芦田愛菜ちゃんのプロフィールと経歴

名前   : 芦田 愛菜(あしだ まな)

生年月日 : 2004年6月23日

年齢   : 12歳(2017年2月現在)

出身地  : 兵庫県西宮市

血液型  : A型

 

出身地は兵庫県ですが、現在は東京都に在住しています。

 

芸能界入りをしたのは2007年(当時3歳)

母から、『楽しそうだからやってみない?』と勧められたのがきっかけです。

 

2009年に『ABC家族レッスン ショートムービー2“だいぼーけんまま”』

子役デビューを果たしました。

 

2010年には、テレビドラマ『Mother』に出演しました。

ザテレビジョンドラマアカデミー賞等で新人賞を多数受賞し、

多くの人々から認知されるようになります。

 

2011年、NHK大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』で、

茶々の幼少時代を演じた後、江の長女・千の幼少期も担当しました。

同年3月には、テレビドラマ『さよならぼくたちのようちえん』

日本のドラマ史上最年少で初主演を務めました。

 

さらに4月には、テレビドラマ『マルモのおきて』で主演を飾り、

鈴木福くんと犬のムック(忘れがちですがw)とともに、

役名のユニット、『薫と友樹、たまにムック。』として

『マル・マル・モリ・モリ!』でCDデビュー。

その年の紅白歌合戦にも出場しました。

 

2012年には、前年に出演した映画『うさぎドロップ』と、

映画『阪急電車 片道15分の奇跡 』第54回ブルーリボン賞の新人賞

史上最年少で受賞しました。

さらに、『マル・マル・モリ・モリ!』で第26回日本ゴールドディスク大賞

『ベスト5ソング・バイ・ダウンロード』

『ベスト5ニュー・アーティスト(邦楽)』2部門を受賞しました。

 

2013年には、映画『パシフィック・リム』

ハリウッドデビューも果たしています。

 

2014年には、テレビドラマ『明日、ママがいない』単独主演を果たし、

映画『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』映画初の単独主演を務めました。

 

2015年には、『チェスター動物園をつくろう』で、

海外ドラマ初吹き替えに挑戦しました。

 

その後、中学受験の勉強に専念するため、

女優活動を休業しています。

 

こうやって振り返ってみると、子役の中でも別格ですよね。

子役を世に浸透させたパイオニア的存在であり、

ハリウッドデビューまで果たすなど、

この歳にして女優としての活動を一周回った感すらあります。

スポンサーリンク

芦田愛菜が中学受験をして進学する名門私立はどこ?

芦田愛菜ちゃんが中学受験をし、

4月から通う名門私立とはどこなのでしょうか?

 

ニュース記事によると、

偏差値70以上の、首都圏では最難関校として

有名なところみたいですが。

 

 

芦田愛菜ちゃんは、東京大学合格者を多数輩出する

トップレベルの中学に複数合格しているとのことでした。

となると、最終的に芦田愛菜ちゃんが選ぶのは、

女子御三家といわれる

桜蔭中学校、女子学院中学校、雙葉中学校

のいずれかという可能性が高いでしょう。

 

この中で2016年東大合格者数が多い順で考えると、

桜蔭 > 女子学院 > 雙葉 

になります。

さらに、雙葉は芸能活動禁止とも言われているので、

あえてここを選ぶとは考えづらいですね。

 

したがって、私の予想では、

芦田愛菜ちゃんが中学受験をし進学する名門私立は、

桜蔭中学校女子学院中学校だと思います。

 

ちなみに、世間の噂だと女子学院派が若干多いように感じました。

まとめ

芦田愛菜ちゃんはこの年齢にして

人生何周まわっているんだというくらい

超高密度な人生を送っていて本当に尊敬します。

今後どのような活動をしていくかはわかりませんが、

どうせなら芸能界よりも国のために

大きな貢献をしていってもらいたいな~と

個人的には思います。

あまり期待の重圧をかけるのは良くないですが、

この子の将来が楽しみで仕方ありません♪

ではでは
See you !

 

 

スポンサーリンク