ドローン夫婦が国内外で話題になっているようです。

ドローン夫婦とは、新婚旅行でドローンと一緒に世界一周をした夫婦のことです。

この夫婦がドローンで撮影した動画がYouTubeにアップされていたので

視聴してみたのですが、これがまた幻想的で鳥肌が立つほど感動しました。

ちなみに、この動画は海外でも話題になり、

Facebookとライセンス契約が結ばれ、動画の一部が英語圏のCMに使用されているんだそうです。

 

ドローン夫婦は約400日間掛けて世界48ヶ国を周ってきたようなのですが、

いったい世界一周にいくら掛かったんだろう?

職業は何をされている人たちなんだろう?お金持ちなのかな?

と気になって仕方なかったので、調べてみました!

 

スポンサーリンク

ドローン夫婦の動画をチェック!

まずは話題の動画を見てください。

 

いかがでしたか?

私は、見る前に想像していたよりも100倍くらい感動しました。

こんなに神秘的な映像が撮れるんですね。

まるでCGの世界。

 

撮影する場所が絶景だというのは勿論なのですが、

人の目線から見たものと、ドローンで遠くから見た景色の違いに驚きました。

今までドローンにはあまり関心がなかったのですが、

これを見て初めてドローンの魅力に気付かされました。

世界一周にかかったお金はいくら?

世界中の人々に感動を与えたこのドローン夫婦の動画ですが、

48ヶ国を周るのにはいくら掛かったのでしょうか。

 

普通のヨーロッパ旅行でも30万円とか50万円とか掛かりますからね。

しかも、使用しているドローンは15万円くらいするそうなのですが、

旅行中に2台壊れてその都度現地調達したんだとか。

 

加えて、ウェディングドレスを借りて撮影したりもしているので、

かなりお金が掛かっていることは間違いありません。

 

調べてみると、私が思っていたよりは安価で、

一般的な世界一周旅行の相場は200万円~300万円だそうです。

それでもかなり高価であることには違いないんですが。

 

さらに、ドローン夫婦の話では、この旅行のために500万円を貯めたそうです。

なので、だいたい300万円~500万円の間くらいの出費だったと考えられそうですね。

ドローン夫婦の職業や年収が気になる!

500万円の新婚旅行に400日間の結婚休暇。

ほとんどの人が同じことを考えると思います。

『お金持ちなの!?何の職業してる人なの!?』と。

 

普通の企業に勤めていたらこんな大金貯まらないですし、

こんなに長期休暇取れないですよね。

 

 

ドローン夫婦の職業を調べたところ、

夫のkazさんはプログラマー、妻のmarkoさんはスイミングインストラクターだそうです。

 

どうやら特別なお仕事をされているわけではないみたいです。

プログラマーの平均年収は350万円~500万円

30代のスイミングインストラクターの平均年収は400万円~600万円

と言われています。

年齢は、kazさんが27歳、marikoさんが35歳ですので、

大体平均年収と相違ないと考えられます。

 

では、どうやって500万円ものお金を貯めたのか?

なんと、ワンルームのアパートで2人暮らしをし、

2年間掛けて貯めたそうです。

 

そしてこのドローンでの新婚旅行を提案したのはkazさんで、

marikoさんがあまり海外旅行の経験がなかったから、

どうせなら思い出に残る、他の人がしないような旅行にしたいと思ったとのこと。

 

2人の一生分の会話のネタを作るために、

2年間我慢して夫婦でお金を貯める。

なんて心温まるエピソードなんでしょう。

 

2015年の7月に出発したようなので、

その2年前となると2013年。

kazさんは当時24歳とかなんですよね。

若いのに本当にご立派です。

まとめ

ドローン夫婦は特別お金持ちというわけではありませんでした。

お互いの結婚生活のために共同でお金を貯める。

理想的な夫婦ですね。

そして、彼らの愛が世界に認められるというのもまた、

新婚旅行に最高の花を添えられたようで良かったですね。

 

今は海外のCMでしかドローン夫婦の映像が使われていないようですが、

国内のCMでも使ってくれればいいのに。

需要はたくさんあると思うんですけどね。

ではでは
See you !

スポンサーリンク