中村明日美子さん原作のBLコミック『ダブルミンツ』実写化されるみたいですね。

原作コミックの内容が内容なだけに、実写化に対する驚きの声多数といった感じですが、

原作ファンとしては実写化に賛成なのか反対なのか、

評判や感想について調べてみました!

スポンサーリンク

ダブルミンツとは?

『ダブルミンツ』は、“ダークBL”ジャンルの先駆者と言われる中村明日美子さんのコミックです。

高校で出会った二人の『イチカワミツオ』の、愛憎や執着に歪んだ愛が描かれています。

 

高校で結んだ、主人『みつお』と犬『ミツオ』という二人の主従関係は大人になっても変わりません。

ミツオは、久しく連絡のなかったみつおの呼び出しに応じるし、

行為犯罪への加担も辞しません。

しかし、単なる主従関係だった二人の仲は、徐々に姿を変えていきます。

ミツオは、自分に理不尽な要求をし、暴力を振るうみつおに執着します。

お互いを自分の半身だと思い、二人が一緒にいられる、ただそれだけのために、

取り返しのつかない暴力や犯罪の世界に転がり落ちていくという、

シリアスな愛の行く末を見守るというストーリーになっています。

 

いわゆるBL(ボーイズ・ラブ)なのですが、

一般的にイメージされるBLとは一線を画します。

BLに暴力や犯罪まで絡んでくるという、まさしく“混沌”の世界です。

これがダークBLと言われる所以なんでしょうね。

 

こんなドロドロした内容のコミックが実写化されるなんて夢にも思っていませんでしたから、

そりゃ驚き戸惑いの声多数でしょうね(笑)

 

まさか原作そのままで上映するとは思えませんが、

どこまで実写化で再現するのかも気になるところではあります。

ダブルミンツの実写化に賛成か反対か

まず、私個人の意見としては賛成です。

なぜなら、新しい試みに興味があるし、応援したいからです。

 

ここ数年、少年ジャンプなどの人気作品を実写化するという動きが多いように感じられました。

最初に実写化に踏み切った人の勇気は本当にスゴいと思いますが、

二番煎じ、三番煎じと、無難な所を攻めていて面白くないんですよね。

一つ成功例が出たらそれに続くというのは正しい戦略ですし、責められるものではないですが、

単純に詰まらないんです。

 

そんな中、一般の人の支持を得られるとは到底思えない、

ダークBLコミックを実写化しようとするなんて、

『ありえない!バカじゃないの!?』と思ってしまいます。

ほとんどの人は私と同じ感想を述べるでしょう。

だからこそ、この挑戦は尊敬に値するし、

どんな映画になるんだろうとワクワクします。

という訳で、私は実写化に賛成だし、応援したいと思っています。

スポンサーリンク

ダブルミンツ実写化に対する世間の評判や感想をまとめてみた!

世間の人やダブルミンツファンの人たちが、今回の実写化について

どう思っているか、評判や感想をまとめてみました!

 

基本的には、『えっ、まじで実写化するの?嘘でしょ?』といった困惑の声多数でした。

信じられない試み故に反対の声多数なんだろうな、と予想していたのですが、

意外と、『ありえない』とか『絶対に見に行かない』といった声はほとんど見られませんでした。

原作ファンは、『実写化するのは構わないけど、実写で原作の魅力を伝えられるか心配』

といったスタンスなのかな~と感じました。

まとめ

多くの人に驚きを提供したダブルミンツの実写化でしたが、

意外と反対の声が少なくて驚きました。

あとは、実写でどこまで再現するのかといったところが気になりますが。

それだけファンに愛されている作品なんだな~と感心しました。

恐らく、内容が内容なだけに一般層の評価は得られないとは思いますが、

ファンの方に評価される映画にできるか、注目していきたいと思います。

ではでは
See you !

 

スポンサーリンク